Logicool Performance Optical Mouse G400

2011年9月2日 金曜日 takafumi

マイクロソフトマウスのホイールが固まって回りづらくなったので、久しぶりにロジクールのマウスを買ってみました。最近国内発売された G400。赤く光る光学式の有線です。

箱を開けて取り出したときの第一印象はケーブルが細い。でもって、固い。使ってて困る程じゃありませんが、初めて見るタイプかも。

握ったときの印象は、特に違和感なし。よく観察すると左右ともに横部分が大きくくびれている所に指がフィットするというかはまり込むような感じで安定します。

マウス上面が丸くのっぺりした感じなのがちょっと気になってましたが、実際に触れてみると違和感はありません。

わたしは中指がホイール、薬指が右クリックを担当にしてるんですが、中指を右クリックの持ち方にしたときも薬指をちょうど置ける幅が右端に用意されています。

動かしてみた感想は、ちょっとおしりが重いかも。ソールが大きいからか、そもそもの重量バランスがそうなのかは分かりませんが、無意識に操作するとおしりを軸に頭を振るような動きになります。これはちょっと気になる。

以前使っていたロジクールのマウスは、最終的にホイールを回したときの音がすごくうるさく&イヤな音になったので買い換えたんですが、今回のは今のところ静かです。

ホイールの上下についているボタンはマウスの解像度を切り替えるためのものなんですが、今のところまだあんまり使ってません。最初は使ってみてたんですが、切り替えると動きが変わりすぎて使いにくくなることが多いので。

左側面についているボタンは何度も誤爆したので割り当て無しに設定しました。マウスを握っているときは問題ないんですが、つかんだ瞬間に誤爆してしまうことが多いです。

ボタン割り当て設定などは付属のソフトウェアで行うんですが、あまり使い込んでません。アプリケーションごとにプロファイルを切り替えてマクロっぽい操作なども設定できるようです。また、切り替える解像度の値も設定できます。

そしてこの辺の設定は全部ソフトウェア経由ですので、機能をフルに使うためには付属ソフトを常駐させておく必要があります。ソフト無しでも解像度の切替は出来ますが、切り替わる値は変更出来ないようです。

といった感じで総合の満足度はソコソコ。お値段もあんまり高くないし。わざわざの買い換えは勧めないけど、買う予定があれば候補に入れる価値はありますよ、というおすすめ度。

でも、今から検討でゲームもけっこうやる、むしろメイン、という人なら G300 を待つのもアリかも。

カテゴリー:お買い物,よしなしごと

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です